ホーム » 名古屋のクリニック » 

品川近視クリニック名古屋院がダントツ安心な理由


名古屋にはレーシックで人気の高い品川近視クリニックがあります。
 

品川近視クリニックはレーシック分野でずっとトップのクリニックであり、まず最初に検討するべきクリニックだといえます。
 

名古屋院は東京院ほど規模は大きくなく、休日などは混みあうこともありますが、その分アットホームでしっかりと話を聞いてくれると評判がいいのが特徴です。
 

今回は品川クリニック名古屋院について詳しく紹介します。
 
 

品川近視クリニック名古屋院の費用

料金
施術メニュー 料金
品川イントラレーシックアドバンス 15.8万円(5年保証)
クリスタルZレーシック 25万円(8年保証)
アマリス750Zレーシック 32万円(10年保証)
ICL 乱視なし 46~53.7万円(3年保証)
レクスト 34.9万円(5年保証)
ラゼック 17.8万円(3年保証)
適応検査 無料
(※すべて税込み価格)

 
 

品川近視クリニックの特徴

 

名古屋には実績豊富な品川近視クリニックがあります。
 

品川近視クリニックは提携クリニックを含めると100万症例にもなりますので、信頼や安心感がとても大切なレーシック手術にとってはとても高い評価を受けていると言えるのではないでしょうか。
 

また、視力1.0以上に回復した患者が98%にもなっており、症例数がとても多い中でのこの実績は高い技術力の表れですね。
 

実際に世界中から7500人の眼科医が集まる世界最高峰の学会において、最優秀賞を受賞するなどの目に見える評価も受けており、ここでも技術力が評価されています。
 

こうした症例数と学会での評価の両面で高い支持を受けているのが、品川近視クリニックの最大の特徴です。
 

頭一つ抜き出ている品川近視クリニック名古屋院。常に最新の安全技術を導入し、保証もメニューごとにしっかり設定してあり安心です。
 

最近はICLにも注力しており症例数を伸ばしています。大切な目のことなので、最初に品川近視クリニックは検討しておくべきでしょう。

 

40歳からの治療も

レーシック手術といえば、多くの場合は近視の矯正を目的としたものです。
 

ですが品川近視クリニックの場合、高い技術力によって近視だけでなく老眼や白内障手術による視力低下にも対応しています。
 

最近では乱視によるものでもレーシック手術で視力の回復が可能になってきましたが、老眼や眼病による手術にも対応しているとことはまだまだ少なく、この点も品川近視クリニックの特徴ですね。
 

 

アベリーノDNAの検査も実施

レーシックを受けたことによって角膜が白くにごってしまうアベリーノ症という合併症。
 

これは発生確率はとても低いとされていますが、ゼロではありません。
 

またこれは診察だけでは事前に発見できないことが多いのですが、品川近視クリニックではこれをアベリーノ社が開発したDNA検査によって100%発見し、発症を防ぐことに成功しています。
 

アベリーノ症は発症してしまうとその後の治療が困難ですから事前に発見することが大切であり、品川近視クリニックではここでも高い技術力を発揮し、防いでいます。
 

品川近視クリニックは症例数がダントツ

品川近視クリニックで安心できる理由としては症例数が多いレーシック専門のクリニックであるということ。
 

品川近視クリニックで行われたレーシック手術は、今までになんと120万症例以上もあります。この数字は、1ヶ月に2万件ものレーシック手術が行われていることになります。
 

コースによっては、これまでに1万症例を超えるという豊富な経験がある医師が、主任となる主任執刀医制度などもあります。
 

さらに、品川近視クリニックの医師には、これまでに1万以上ものレーシック手術を行った医師が何人もいるといったように、信頼性が高いことも特徴です。
 

実際に品川近視クリニックは口コミも良いものが多いです。
 

他社と費用を比較すると?

看護師レーザー角膜屈折矯正手術の大手である品川近視クリニックと錦糸眼科のどちらがいいのかを比べてみましょう。
 

どちらのクリニックも特徴からすると、安心して手術を受けることができる、信頼できるクリニックと言えるでしょう。
 

それぞれのクリニックが行っているレーシック手術の方法は、品川近視クリニックの方が種類が多いようです。
 

また、費用面を比較してみると、品川近視クリニックは、プラチナレーシックが8万円、プレミアムイントラレーシックが9.2万円、アイレーシックが15万円という価格。
 

それに対して錦糸眼科の価格は、イントラ・カスタム・レーシックが26万円、イントラ・レーシックが20万円、レーシックが8万円と、錦糸眼科の方が少し高いように感じます。
 

もちろん一概に価格が安いだけで選ぶのはよくないので、それぞれのレーシック手術の内容を確認して、納得してから選ぶようにしましょう。
 
 

品川近視クリニックの基本情報

品川近視クリニックの住所

愛知県名古屋市中村区名駅5-7-30 名駅東ビル3F
 

セントラルアイクリニックのアクセス

・JR名古屋駅桜通り口から徒歩7分
・地下鉄国際センター駅3番出口から徒歩1分
 

受付時間

10:00~20:00
 

休診日

年中無休
 

駐車場

駐車場なし。近隣の駐車場を利用してください。
 

品川近視クリニックの地図


 

品川近視クリニックの適用検査申込み

 

 

セントラルアイクリニックの評判や料金は?【名古屋のレーシック眼科】


セントラルアイクリニックは、名古屋の駅前という非常に便利な立地にあるクリニックです。レーシックでは名古屋も比較的知名度は高いクリニックと言っていいのではないでしょうか。
 

レーシックだけでなく、眼科の総合診療も行っていますので、目のエキスパートが揃っている点でも安心です。

 

最先端のアイレーシックがメイン
アイレーシックは、フェムトセカンドレーザーという新しいレーザー機器を使って角膜にフラップを作るレーシック技術です。高いレーザー技術で正確な、しかもきれいなフラップを作れるため、術後のハロやグレアも従来の方法より押さえられると言われています。

 

セントラルアイクリニックのレーシック費用

 

費用の支払い
施術メニュー 料金(両眼)
アイレーシック 48万円
PRK 45万円
フェイキックIOL 65万円
オルソケラトロジー 25万円
適応検査 無料

 

アイレーシックは両目で48万円ですが、まれにキャンペーンがあると値引きされます。値段の差は、再手術無料のオプションをつけるかなど、オプションによって生じるものです。
 

また、遠方から施術を受けに来る場合には提携している宿泊施設に泊まることのできるプランも用意されています。
 

 
 

セントラルアイクリニックのレーシック

 

手術をするドクター

アイレーシックを受ける流れ

セントラルアイクリニックでは、iLASIK(アイレーシック)という最新の方法でレーシック手術を行っています。手術は、まず術前検査から始まります。
 

ウェイブスキャンという機械で眼球に光を当て、光が戻って来た物を分析して、個人の角膜や眼球のゆがみを細かく収集・分析します。
 

この分析結果はS4IRという、屈折矯正用のレーザー機械に伝達され、このレーザー照射機がレーザーを当てながら個人の眼球のゆがみ等を正しく治していきます。
 

術前のデータを基に、更に実際にレーザーを照射しながら精確に視力を矯正していくので手術も精密に行えるのです。
 

手術は片目で1分程度。痛みもなく、時間も掛からないので日帰りで手術を受けることが出来ます。
 
 

フラップをレーザー照射で作る

セントラルアイクリニックでは、点眼麻酔後に、イントラレースFSという機械で角膜表層に薄くて厚さも均等な、精密なフラップを作り、それをめくってレーザー照射を行います。
 

レーザー照射時も術前検査の結果と実際の角膜の位置のずれを修正しながら屈折を矯正していきます。
 

レーザー照射後はフラップを戻しますが、精密な造りなので個人にピッタリと嵌るのでずれる心配がありません。
 
 

保証とデメリットなど

セントラルアイクリニックでは、術後3年以内であれば、追加の視力矯正は無料で行う「再手術無料コース」を設けています。
 

追加の矯正が必要かどうか、また角膜の状態を見て、医師が再手術の必要があると判断した時に行ってもらえます。
 

また、3年以上経って再手術をしたい場合は、何年たっても片目8万円。レーシック手術を行うと、ほとんどの人は視力が1.0以上に回復します。
 

ただしデメリットもあります。レーシックは主に近眼用の手術の為、老眼でレーシックを受けた場合は、再手術の対象とはなりません
 

また日曜は休みなので手術を受けることはできません。
 
 

セントラルアイクリニックの基本情報

セントラルアイクリニックの住所

愛知県名古屋市中村区名駅4-5-28 桜通豊田ビル14F
 

セントラルアイクリニックのアクセス

・地下鉄東山線、桜通線の名古屋駅から徒歩5分
・JR名古屋駅から徒歩5分
 

受付時間

10:00~18:30
 

休診日

火曜、日曜、祝日
 

駐車場

駐車場なし。近隣の駐車場を利用してください。
 

セントラルアイクリニックの地図

セントラルアイクリニックの公式サイト

 

 

名古屋アイクリニックのレーシックはどうなの?費用は高い?


名古屋でレーシックをした女性名古屋で安心してレーシックを受ける場合、品川近視クリニックと同様に名古屋アイクリニックはよく話を聞きます。
 

名古屋アイクリニックのウリはVISUレーシックですが、実際に費用や効果はどうなのでしょうか?
 

今回は名古屋アイクリニックについて詳しく紹介します。

 

次世代レーザー機器VisuMax

 

VisuMaxというレーシック機器を導入している名古屋アイクリニック。
 

この機器は他院で治療を行う最に用いられる機器と比較すると非常に新しく安全性の高さが評価されている医療機器です。
 

少し前のレーシック法ではマイクロケラトームというものを使用していた為、施術時に時間がかかっていたことに加え、安全面でも現在より劣っていた為施術者の不安もそれなりにありました。
 

しかし同院では、最新のVisuMaxを取り入れたことにより時間も安全面も劣っていたマイクロケラトーム使用時より格段に向上し、施術中の不安が大幅に解消されました。
 

レーシックを受けて1日も早く視力矯正を行いたい方、また心配性で安全性のお墨付きがないと行動に踏み切れない方にとってはおすすめできます。
 
 

名古屋アイクリニックのメリットデメリット

 

メリット

名古屋アイクリニックで行える安全安心のVISUレーシックですが、ただ安全というだけでなく他のメリットもあります。
 

施術後、従来のレーシック法ですと視力が落ち着きくっきリ視えるまで多少時間がかかっていましたが、同院の施術ですと視力が落ち着きやすく短時間で施術の効果が現れるのが嬉しいです。
 

また涙量が控えめになるドライアイになりにくいのもメリットの1つです。他院の従来のレーシック施術の場合稀にドライアイが現れることがあります。
 

視力はハッキリ視えますが目が乾きますと爽快とはいえません。こういったドライアイも最新の機器を用いたことで回避することが可能となりました。
 

そして角膜(黒目の部分)の厚みは人により差があり、薄いと施術は行えるものの従来のレーシック法では限界があったものの同院では、元々角膜に厚みがない方でも安心して受けるられ満足の効果を実感できます。
 

デメリット

名古屋アイクリニックの最大のデメリットは料金が高いことです。
 

通常のレーシック施術は一般的な相場として25万円程度ですが、VISUレーシックは両眼で334,800円(税込)であり、業界平均よりも高いといえます。
 

業界最大手の品川近視クリニック名古屋院では、最高級のアマリス750Zレーシックが29.7万円。
 

また品川イントラレーシックアドバンスなら14.7万円で受けることができます。
 

そしてもう一つのデメリットは場所が金山なので、他のレーシック眼科のように名古屋駅周辺にないことです。
 
 

VISUレーシックで視力が改善するのか

 

名古屋アイクリニックで受けられるVISUレーシックにより、どの程度の視力改善が見込めるかというと現在コンタクトや眼鏡等で1,3という視力が維持できるいるとすれば、同程度の視力が裸眼で視えるようになります。
 

勿論矯正でそれ以上の視力が維持できている場合も、同じように矯正時と同じ位の視力改善が見込めます。
 

とはいえ視力は視えすぎれば良いというものではなく、それが逆に肩こり頭痛につながるここともあるので、そういったことのないように同院の医師が適切に施術を担当してくれます。
 

視力の改善的にみると他院で行われているレーシック法とさほど大差ないように思えます。
 

しかし名古屋アイクリニックのVISUレーシックは安心感の評価が高いので、他院で施術を受けるよりも肩の力を抜くことができ安心した気持ちで施術することができます。
 

 

おぐり眼科(名古屋)のレーシックはどうなの?


名古屋でレーシックをした女性レーシックを検討しているという人達を悩まさせるのが眼科選び。名古屋には品川近視クリニックの他にもおぐり眼科があります。
 

レーシックによる視力回復を目指せて、適性検査+手術が1日で完了するワンデーレーシックなども用意されているので、忙しい人でも気軽に通うことができます。

 

時間が取れない人にワンデーレーシック

 

おぐりクリニックのワンデーレーシックは、適性検査と手術が1日で完了します。わざわざ仕事を休まなくても、週末などの休日を利用してレーシック手術を受けることができます。
 

ワンデーレーシック当日の、おおまかな流れは午前中に術前検査(適性検査)を行って、午後に手術をします。
 

もちろん午前の適応検査でレーシック不適合と判断されればレーシックは受けられなくなります。その場合はレーシック以外の施術を検討することになります。
 

おぐりクリニックのワンデーレーシックでは4つの手術方法を用意。手術方法によって、おすすめの人も分かれているので自分にあった術方を選ぶことができます。
 

プレミアムアイデザインレーシック

視力回復だけではなく、夜間視力など見え方にも拘りたい人
 

プレミアムエピレーシック/ラセック/PRK

角膜が薄い人、スポーツなど普段から体を動かす機会の多い人
 

Nレーシック

軽度の近視の人やリーズナブルに手軽にレーシックを受けたいという人。ただし質的にはおすすめできません。
 

iFSイントラレーシック

厚生労働省に認められた安全性の高い術方で、軽度~中度で悩み安全性の高い術方を希望している人
 

翌日には検診があり、その検診の次の日からは洗顔洗髪も可能です。
 

ワンデーレーシックを受ける為には、事前に電話での予約が必要になります。名古屋でレーシックを希望する方には候補に入れてもいいかもしれません。
 
 

アフターケア

 

目が痛い

レーシックの手術を受けた後も、気になることや心配なこと、または万が一のトラブルが起きてしまった時などに安心できるのがアフターケアです。
 

名古屋栄に医院を構えるおぐりクリニックでは、充実したアフターケアが用意されています。
 

合併症以外で治療が必要になる場合の目薬の処方には料金が必要になるケースもありますが、保証期間内であれば検診や相談に費用は発生しません。
 

術後に気になることも無料で相談をしに行くことのできるのは、安心して通院できる嬉しいポイントです。
 

更に保証期間内であれば、術後視力が最低下してしまった時など再手術が必要になった時、同じ術方に限り最初1回目の追加矯正は無料になります。
 

合併症治療の対応も無料で受けることができるなど、手術後にも安心して過ごせるアフターケアが用意されているのは、おぐりクリニックの魅力の1つです。
 

手術後に発生してしまう可能性を持つ、かすみやぼやけなど様々な合併症はレーシックを検討している人達にとって不安の1つ。
 

定期健診そして発症してしまった場合には、すぐ適切な処置をすることで合併症の症状も改善できます。
 
 

多院で断られた人も可能性あり

 

多院では「レーシックを受けられない」と言われて諦めていた人でも、視力回復の施術を受けられる可能性があります。
 

おぐりにクリニックには”眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)”が用意されています。
 

眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)は角膜の厚さ、近視の度数などは関係なく、手術を受けることができます。
 

なので角膜の薄さを理由にレーシックを受けられずに悩んでいた人や、強度の近視や遠視に悩む人なども一度、おぐりクリニックに相談してみると視力回復を目指す、きっかけになるかもしれません。
 

眼の中に、コンタクトレンズを挿入する術方の眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)は、専門のライセンスが必要。
 

全国でライセンスを取得している医師の数は少ないですが、おぐりクリニックでは経験と実績を積んでいる専門医が日々、患者に寄り添い治療に励んでいます。
 

ただしフェイキックIOLは料金が高いというデメリットがあるため、そこは慎重に判断してください。レーシックの2倍くらいの費用になります。

 

信頼できる専門医、優秀なスタッフであれば、抱える不安も少なく通院することができます。
 

心配なことや不安なことも相談しやすい医院で術前・術後の心配をすることなく、視力回復を目指していきましょう。

【閉院】神戸神奈川アイクリニック名古屋院の特徴は?保証や施術メニュー


神戸神奈川アイクリニック名古屋院は閉院しました。レーシックやICLをご希望の方は、その他の名古屋のクリニックをご検討ください。
 
 

二つのレーシックの違い

神戸神奈川アイクリニック名古屋院は安心してレーシック手術を受けられるようアフターフローに注力したトータルケアが特徴です。
 

長期保証をついており、術後に万が一視力が下がったり、合併症が発生しても無料で治療や再手術を行うことができます。また不安なことの相談も無料です。
 

手術の安心はもちろんのこと、術後の安心も大切なことと考えているクリニックです。
 
 

最適なレーシックが受けられる

神戸神奈川アイクリニックでは、一般的な近視や遠視、乱視を矯正し、視力を回復させるリーズナブルな「スタンダードプラン」と、患者のライフスタイルや眼の状態に応じたレーシックを受けられる「オーダーメイドプラン」と、計7種類もの手術メニューが用意されています。
 

どの手術を選んだら良いのかについては、当然上位メニューが良いですが金額も高いので医師とのカウンセリングでしっかり相談しましょう。保証や費用は細かく聞いておきましょう。
 

オーダーメイドプランはスタンダードプランよりもワンランク上の手術です。スタンダードプランは昔のタイプのレーシックです。
 

オーダーメイドプランは0.01D単位の細かい数値で測定及び矯正が可能となり、角膜のわずかな歪みも補正することができ、さらに夜間でも見やすくなるなどのメリットがあります。
 

ただ、このオーダーメイドプランにはいくつもの種類があります。
 

iFSイントラレーシック

フラップをレーザーで作成することで眼への負担が軽減でき早く視力が回復する。
 

ピレーシック

角膜が薄い人でも手術ができる。ラゼックもほぼ同じ。
 

遠近両用白内障ファインビジョン

さらに遠近両用かつ白内障の手術も可能。

 

これらの手術をベースに、一人一人の目も状態に合わせてオーダープランが決定されます。

名古屋でもこのレベルの施術が受けられるのは大手の品川近視クリニックくらいではないでしょうか?
 
 

充実した安心のアフターケア

神戸神奈川アイクリニックはアフターケアが最も大切だと考え、責任を持って最後までケアしてくれます。このアフターケア保証があるおかげで、安心して手術に臨むことができます。
 

たとえば、手術後に万が一視力が下がったり、予定してほど視力が回復しないということも考えられます。
 

そのような場合でも永久保証がついており、無料で相談や再手術が可能です。
 

また合併症が起こった場合も責任をもって対応してくれます。これらは稀なケースなので基本的には心配はないのですが、もしものときの安心と考えれば良いでしょう。
 

術後に特に問題がなくても、不安なことや心配なことがあれば、無料で相談に応じてくれます。患者との長い付き合いを大切に考えている神戸神奈川アイクリニックならではです。
 
 

保障期間が大きく違います

神戸神奈川アイクリニックを他の眼科を比べた場合、最も差がつくのは保障の期間です。
 

他の眼科は一般的な保障ですが、神戸神奈川アイクリニック名古屋院なら最長で永久保障が付いてきます。
 

これはレーシックの術式によって保障期間が変わってしまいますが、最近主流になりつつあるアイレーシックやラセックならこの永久保障が受けられますから問題ありません。
 
 

なぜ保障が大切なのか

レーシックは今では広く一般に認められており、特に高いリスクなどは全くありません。
 

ですが、やはり大切な目のことですから、今後を考えると長い保障はとても安心できますね。
 

また手術を受けたにもかかわらす外的な要因なしに視力が再び低下していく可能性というのも示唆されています。
 

これはごく僅かな確率ですが、やはりこうしたリスクが少しでもある限り保障が充実しているほうが良いですよね。
 

このように神戸神奈川アイクリニック名古屋院は、技術力や衛生面などの基本的な部分だけでなく、保障面からもお勧めできるクリニックです。
 
 

経験豊富な医師

神戸神奈川アイクリニックには経験豊富な医師が、レーシック手術にあたってくれます。手術は最新機器が重要であるのと同時に、当然のことながら担当する医師のスキルが求められます。
 

まず手術を行う医師はすべて眼科の専門教育を5年以上受け、専門医認定試験に合格した眼科専門医です。
 

これはレーシックの手術は眼科専門医が担当することが必須であると日本眼科学会ガイドラインに明記されている通りです。
 

また2000年の開院以来、レーシックなどの視力回復手術の件数は、実に46万9,749症例の実績を誇ります。
 

1年あたり2万件以上という計算になり、いかに経験豊富であるかがわかることでしょう。
 
 

神戸神奈川アイクリニック名古屋院の基本情報

神戸神奈川アイクリニックの住所

愛知県名古屋市中区錦3-16-27 栄パークサイドプレイス4F
 

神戸神奈川アイクリニックのアクセス

地下鉄「栄駅」2番出口からすぐ。
 

診療時間

10:30~19:00(13:00~14:00は休診時間)
 

休診日

毎週月曜日~金曜日、年末年始
 

管理医師

杉山 均(1985年 千葉大学医学部卒/2013年 現職)
 

 

 

最近の投稿
 
error: Content is protected !!